獣医師といえば、町の動物病院の先生のこと?

今、日本の国全体で、獣医師が不足しています。

ですので、各自治体が募集を行っています。

では、どのような仕事があるのでしょうか。

私たちを診察していただいている医師にも、内科・外科・小児科・産婦人科等々専門的な仕事に分かれています。

獣医もそれと同じように別れています。

詳しく見てみることにしましょう。

まず、私たちの身近な町の動物病院の先生のことからです。

(多くの方は、「獣医師」と聞いたときにこのような動物病院の先生を思い浮かべることでしょう。

)正式な名称は、「小動物臨床獣医師」といいます。

町の中で動物病院を開設、または、その動物病院に勤務して、診療をしておられる先生の事です。

見ていただいている動物は、主に犬や猫などですが、「エキゾチックアニマル」といわれる犬や猫以外の小動物、あるいは、外国産の動物達です。

では、この動物病院の先生は、日本全国でどれくらいの割合となっているのでしょうか。

実は、全体の4割くらいの方々だそうです。

ですから獣医師募集しています。

動物病院の先生について見てみましょう

「獣医師さん」の仕事と聞かれますと、どのような場面を思い浮かべられますか。

ある方は、町の動物病院の先生のお顔でしょうか。

あるいは、牛舎で牛の分娩を真剣にされているお顔でしょうか。

どちらも、そうですね。

今、その先生が不足していて募集がされています。

さて、先生の仕事はどのような物があるのでしょうか。

調べてみることにしましょう。

まず、私のペットもお世話になっている町の動物病院の先生のことからです。

正式名称はといいますと、「小動物臨床獣医師」となっています。

自ら動物病院を開き診療を行っておられる方や、その動物病院に勤務されている方です。

診察されるのは、主に、犬や猫です。

そのほかには、「エキゾチックアニマル」という動物がいます。

こういった呼び方をするときには、単に犬や猫以外の動物のこととしている場合と、言葉の通り、日本の国ではなくて外国からの動物たちの事としている場合があります。

代表的な動物としては、アライグマがあげられるでしょうか。

獣医師の募集サイト

犬や猫の診察も大変ですが、外国からの珍しい動物の診療は、大変な気遣いをされるそうです。

かなりの難しさもあり、獣医師募集に応募されない方も多いようです。


Comments are closed.